6月のお知らせ


★新型コロナ対策について★

緊急事態宣言は解除されましたが、当院の方針として、今までと同様の新型コロナ対策を継続中です。少なくとも6月末までは続きますので、皆様のご協力をお願いいたします。

※対策について詳しくはこちらを→新型コロナ対策まとめ

 

★フィラリア予防の開始時期★

フィラリア予防が始まっています。予防ご希望の方はお早めにご検討ください。なお、予防が多少遅くなっても意味がないわけではありません。時々、遅くなってしまったからということで諦めてしまう方がいるのですが、途中からでも(100%ではありませんが)十分な予防効果はあります(※時期が遅くなればなるほど100%の予防ができなくなっていきます)。

今年はすでに数頭フィラリア陽性の犬が来院しています。この地域では終わった病気ではありません⚠。フィラリアが体内に住み着いてからの治療や対応はいろいろと大変です💦。やはり、フィラリアにならないように予防をしてあげることが一番だと思います。

 

☀熱中症に注意☀

急に暑くなるこの時期は熱中症のリスクが高くなります⚠。また、身体がまだ暑い気候になれていないため、一般的にいろいろと体調を崩しやすい時期でもあります。動物たちが積極的に水分を補給できるように、ご家族も気をつけてあげてください。

よく、「犬も熱中症になるんですか??」という質問がありますが、人がなる病気のほとんどは犬でも見られます。熱中症について言えば、犬はそもそも暑さに弱く、体内の熱を発散しづらい動物のため、人間よりもリスクが高いです。特に、肥満犬や単頭種では熱中症のリスクが高くなります。

なお、昨年は台風🌀災害の停電時に、エアコンが使えなかったため熱中症で数頭の犬が来院しました。この後、台風シーズンもやってきます。各ご家庭で対策をしておくことをおすすめいたします。

 

⚠ NO!! ノーリード ⚠

緊急事態宣言は解除され、気候もよくなり、開放的な気分になられている方が多いのか、とても残念なことに「ノーリードの犬」を最近よく見かけます💦

病院前の道をノーリードで散歩している人、病院裏の公園をドッグランのように使っている人・・・。当院の患者様にはこういう方はいないと思いますが、公共の場所でのノーリードは絶対にやめてください。

「え?この公園、誰もいないからいいじゃん」と思っている、頭の弱い方もいるようですが、ノーリードの犬がいるのを見て、公園に立ち入るのを止めている人がいるんですよ!!

公園など公共の場所は「犬が苦手」「小さなお子さん連れ」など様々な人間が利用します。そして、ちょっと変な表現ですが「犬が苦手な犬」もいます。そういう犬だってお散歩に公園を利用するわけです(そういう犬の飼主さんはなるべくリードを短くしたりしていますよね)。

犬を飼っている人には理解しがたいかもしれませんが、すべての人間が犬好きではありません。こういう仕事をしている私ですら、公園でノーリードの大型犬に追っかけられたときは相当怖かったです。

私の知り合いで「犬は好きだけど、犬の飼い主が嫌い」と言っていた人間がいます。残念ですが、一部、非常識な犬の飼主は確かに存在するので、この知り合いの言葉は重く受け止めなくてはいけないかな、と思いました。

一部のマナー違反の飼主のために、すべての犬飼いの方が嫌われてしまうのは本当に悲しいですよね。

ノーリードは是非ドッグランでやってください。お願いいたしますm(__)m

 

(参考)ノーリードでネット検索すると様々な事故や悲劇が出てきます。興味のある方はのぞいてみてください。

★ノーリードの悲劇 これは最悪のケースですが犬が苦手な犬もいると言うことを忘れないで。

★ノーリードの事件 ノーリードが原因で通行人などに危害が加われば多額の損害賠償金も発生します。