5月のお知らせ


★新型コロナ対策について★

非常事態宣言後、院内では新型コロナ対策を強化しています。残念ですが、しばらくはこの状況が続くと思います。当院の対策については過去ブログ記事【当院の新型コロナ対策まとめをご覧ください。

 

新型コロナ対策に協力的な方がとても多く、来院の多い時期ですが滞りなく診療を進めることができており、スタッフ一同とても感謝しております。本当にありがとうございます。

 

当院は小さい病院ですが、多い日は50名以上のヒトの出入りがあります。つまり「不特定多数のヒトが集まる場所」なのです。わたしたちからウイルスを拡散させないためにも、もうしばらくの間ご協力をお願いいたします。

  

★フィラリア予防は5月末から★

この地域の犬のフィラリア予防薬の開始は5月末以降です。それまでにフィラリア検査を済ませておきましょう。フィラリア検査は血液💉を一滴いただき、10分で結果が出ます。

予防薬のタイミングについてですが、覚えやすい日が良い方は「毎月30日」とか「毎月1日」とかがオススメです。

  • 5/30スタートなら、6/30、7/30・・・11/30で終了
  • 6/1スタートなら、7/1、8/1・・・12/1で終了

こんな感じですね。大事なのは、最後の予防のタイミングは11月の中旬以降になるということ。感染が終了するのは11月初旬ごろなのですが、その「感染終了後=11月中旬以降」に最後の投薬が必要です。

つまり、、、「感染終了後=蚊の発生は終わっているし寒い」のですね。でも、違和感があるかもしれませんが、この時期に最後の一回が必要なんです。

しかし、毎年「寒いから」「蚊がいないから」と言って最後をやらずに予防をやめてしまう人がいます。そういう方は、だいたい最後の一回の予防薬が残っているのですね。

で、まだ感染の始まっていない次の4月に飲ませたりしてしまいます、、、。

本人は「得した!」と思っているのですが、この行為は、、、

  • 感染のある時期に予防をしないで
  • 感染のない時期に予防をしている

ということになります。おトクでもなんでもありませんので、どうかご注意を⚠

難しいことはわからんという方は、病院の推奨時期にキチンと予防していただければそれでOKです(笑)

 

★マダニやノミの予防忘れていない?★

マダニやノミは「一年中存在」していて、被害の無い時期はありません。例年3月ごろから被害が急増し、今年も「マダニに咬まれました」と言ってやってくる動物がすでにたくさん来院しています。

多くの方は、フィラリアのことはとても恐れていて(まだ大丈夫な時期なのに)焦って予防を始めようとする方もいるぐらいなのですが、実際に被害の数が多い&被害の時期が長いのはマダニやノミなどの虫たちの方なんですね。

ありがちなパターンとして、「フィラリアの時期(5月)になったら一緒にマダニ予防をしよう♬」と思っていると、3月ごろにはもう咬まれてしまうというパターン。

フィラリアと違って「マダニやノミには時期はない!」と肝に銘じておきましょう。在宅勤務の方も増えているようで、犬との散歩時間も多くなるかもしれません。近所の公園でも簡単に被害にあってしまいますので、まだの方は早目に対策をしてください。