トリミングについての重要なお知らせ


開院以来、長らくご愛顧いただいた当院のトリミングサービスですが、3月末を持ちまして、現状のサービスを終了することになりました。今後はサービスの内容を縮小し継続いたします。

トリマー三澤の退職に伴い、三澤と同レベルの技術を有するトリマーを確保できないことが理由です。

犬トリミング業界は慢性的な人手不足で、そもそもトリマー自体が不足していますが、高い技術を持つトリマーは本当にごくわずかです。同レベルのトリマーの採用の目途がたたず、皆様をお待たせするわけにもいきませんので、このような判断となりました。

今後は、ある程度のトリミング技術を有する当院看護スタッフがトリミングサービスを行います。これに伴い、可能なサービスが限られますのでご了承ください。基本的に「美容目的」のカットはお受けできません。「美容目的」とは見た目や仕上がりを重要視するというような意味合いです。

 

具体的には、3月末以降に可能なサービスは以下のようになります。

  • 美容目的のカット → お受けできません。
  • シャンプー、薬浴 → お受け可能です(肛門腺、爪切りなどは含まれます)。
  • 部分カット → 美容目的の場合はお受けできません。美容に関係なく「お尻周りを少しカット」「眼元を少しカット」などは対応します。
  • 全身カット → バリカンによる全身カットが基本となり、美容目的はお受けできません。例えば、「皮膚病の管理のため短い状態をキープしたい」などの場合は対応可能です。ただし、見た目や仕上がりにこだわる場合はお受けできません。

なお、診療時間の合間にトリミング作業を進めることとなりますので、基本的にはお時間のお約束ができなくなります。

基本は、「朝にお預かり→終わり次第ご連絡→病院の診療時間内でのお迎え」、という流れになります(※あくまで基本なのでその時の状況で変わります)。

このように、皆様にはご利用しにくいサービスとなってしまったことを深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。今後も当院をよろしくお願いいたします。