腫瘍科

腫瘍科

腫瘍科

早期の発見と治療を

<早期治療がなによりも重要です>

高齢化にともない、動物にも「腫瘍」ができてしまうことがめずらしくありません。腫瘍の治療は早ければ早いほど治療がしやすく、根治の可能性が高くなりますし、動物の負担も少なくなります。

<早期発見のためには?>

早く治療するには早く発見する必要があります。初期に発生した腫瘍はほとんどのケースで無症状ですので、早期発見には健康診断が重要となります。当院では、総合的な健康診断として、「わんにゃんドック」を随時受け付けています。興味のある方はいつでもご相談ください。

<当院で実施可能な治療>

・外科的摘出
腫瘍の種類にもよりますが、まずは外科的摘出が第一選択の治療となることが多いので、当院でもできるかぎり対応しています。

・抗がん治療
一部の悪性腫瘍では抗がん治療が確立されているものがあり、これらについては当院でも積極的に実施しています。抗がん剤の使用には知識や技術が必要で、新薬もどんどん出てきますので、常に新しい情報を仕入れ正しく治療できるように努めています。

※放射線治療、その他のがん治療については高度医療センターなどをご紹介して対応しています。